FXあれこれ比較〜FX業者のサービスを比較するサイト〜

銀行・証券会社での外貨取引

主に、外貨預金・外貨MMFが一般的でしょうか?


銀行・証券会社では取引コストが高く(銀行:20銭〜1円、FX:0.5銭〜6銭)、取引時間も制限されているため、運用機会や取引コストの損失が大きくなりがちです。

また、期間で見る利回りも、FX取引に比べ少ないと言えます。


資金の安全性という観点では、ペイオフによる保護の対象になっていないため、むしろ信託保全を備えたFX業者の方が安全かもしれません。

FX業者一般 (非取引所・取引所取引)

FXの知名度が高くなるにつれ、各社ごとのサービスの格差が顕著になってきています。


A スプレッドに特化する会社(コスト面)

B スワップ金利の高さで差別化を図る会社

C 短期・長期取引を専門にしたサービスを提供する会社

D システム開発で差別化を図る(チャート、自動売買、注文方法等)会社

E 取り扱い通貨の多さで差別化を図る会社

F 為替市場の情報提供に強い会社

G 顧客対応にきめ細やかなサービスを提供する会社

H 会社の信頼性・安心度・規模の大きさで勝負する会社


など様々です。

個人単位で、必要とするサービスが違っていますので、自分に一番合った業者で取引をすることが大切です。

[2011年末まで]

非取引所を選択される方の税金面で言えば、雑所得として20万円以内は申告が不要となります。(※給与所得者で年収が2000万円以内の方に限る)

[2012年1月から]

税制が非取引所・取引所ともに一本化され、 今まで公設取引所である「くりっく365」にのみ認められていた優遇措置がすべての国内FX業者に適用されるようになる。 また、それに伴いレバレッジ規制等の安全性も強化されている。




くりっく365 (取引所)

1.価格の透明性

 インターバンクと同等の価格、狭いスプレッド幅での取引が可能です。

 スワップポイントも提示される価格と同様、外国為替証拠金取引業者によって異なりますが、くりっく365では、取引所がスワップポイントを決定します。

2.証拠金の管理

 金融商品取引法及び取引所規則により、投資家から預かった取引証拠金を、くりっく365取扱業者を通じて、預託を受けなければならないこととなっており、取引所に預託された投資家の取引証拠金は、取引所の財産と分別して管理されます。

 万一業者が破綻したときでも建玉及び取引証拠金を他の業者に移管する方法が取られています。

3.税制優遇

 申告分離課税として一律20%の税率で課税され、株価指数先物取引や商品先物取引など、他の取引所の先物取引と損益通算も可能です。

 さらに、確定申告をした年に控除し切れなかった損失については、翌年から3年間にわたり繰越控除を受けることができます。  これは、取引所取引であるくりっく365だけの優遇です。

Copyright (C) 2005 FXあれこれ比較 , All rights reserved.












SEO [PR]  カード比較 冷え対策 株価 動画無料 ライブチャット 小説 SEO